アロマエッシェンシャルオイルの種類とその効能及び注意事項

当風俗店で現在ご用意しているアロマオイルの紹介とアロマの芳香が与える
一般的な効能について記述しています。

アロマオイル

20世紀初頭、フランスの科学者が火傷をおった際に、ラベンダーの精油を用いてその効果を体験し、アロマテラピーと命名 した事が始まりとされています。
古くは古代エジプト文明の時代から使われていたと言うから、植物の持つ力は計り知れないものがあるようです。
でもよくよく考えると、ストレスの中で生活をしているような現代人にこそ、植物の持つ力が必要なのではないでしょうか。

【イランイラン】

ラベンダー

エキゾチックな香り。効果は何と言っても催淫効果です。 ヒーリング効果として、血圧降下作用、抗鬱作用等。 また、ホルモンのバランスを整える作用があり、生殖器系の働きを調整します。

【ラベンダー】

ラベンダー

フローラルなくっきりした香り。 アロマテラピーで最もよく使われる精油です。 中枢神経に働きかけ怒りを和らげたり疲労を取り去ります。 身体的には血圧を下げ、心拍数を安定させます。

【ペパーミント】

ペパーミント

メントールの香り。 ハーブの中で最もなじみの深いものです。 高ぶった神経をクールダウンする効果あり、神経疲労にも効果があります。

【ローズマリー】

ローズマリー

ハーブ調の香り。 地中海を代表するハーブです。強心作用、強壮作用があります。 筋肉痛を和らげ、血液の循環を促して貧血を緩和します。

【サンダルウッド】

サンダルウッド

甘くウッディーな香り。 日本では古くから白檀(びゃくだん)として親しまれています。 乾燥肌に効果があります。 リラックス効果が高く、浄化作用、抗炎症作用があります。

【グレープフルーツ】

グレープフルーツ

甘酸っぱくリフレッシュする香り。 強壮作用、抗うつ作用、ストレスを和らげる作用があるほか、中枢神経のバランスを整えます。 また、リンパ系を活性化して新陳代謝を高める作用があります。

■予約、お問合せ 03-3846-5188 AM11:00〜PM11:00

■メールでお問合せはこちらから→ メール問い合わせ 常時受付

Copyright (c) 2012 seikan massage & aroma no omoi. All Rights Reserved.